引越しにおける荷造りのコツ

キッチン

台所の梱包が一番、気をつかいます。割れ物は、箱の上と横に「上」「ワレモノ!」「食器」と赤マジックで書いておくと、引越し業者さんが慎重に扱ってくれます。

お皿
タテに並べ、下には丸めた新聞紙を入れるとよいでしょう。お皿は1枚1枚新聞紙などで包んでおきます。
コップ類
コップはひとつひとつ包み、隙間は緩衝材(新聞紙)などをつめます。
ビン類
調味料などのビン類はキャップをしっかり閉め、万が一割れても中身が出ないように一本一本ビニール袋に入れ、立ててください。隙間には緩衝材(新聞紙)などをつめます。
刃物類
先のとがったものは新聞紙などで何重にも包んでおきます。

※フライパンや鍋など、割れ物以外は大きな箱に無造作に入れていけばOKです。

衣類・布団・書籍類

布団
布団袋にいれるか、不要なシーツなどで包みます。引越し業者によっては、布団カバーを貸し出している業者もあります。
書籍
重いものは小さめのダンボールに詰めます。ヒモで縛るのではなくて、箱に詰めるようにします。
ケース
ケース等は上下を必ずガムテープで止めておきます。

電化製品

冷蔵庫
中を空にし、前日の就寝前にコンセントを抜きます。
洗濯機
完全に排水しておきます。
パソコン・テレビ・オーディオ類
配線の脱着をしておきます。パソコン内部のデータは、必ずバックアップをとっておきます。
火気類
ストーブの灯油はカラにしておきます。ポリタンクは二重の袋に入れ、口を閉じます。
炊飯ポットなど
ダンボールに梱包します。

タンス・大物家具

洋服タンス
ハンガーケースなどを貸し出ししてくれる引越し業者があります。事前に確認するとよいでしょう。
和ダンス・整理ダンス
引出しの衣類は入ったままでOKの引越し業者さんが多くあります。
下駄箱・食器棚・ドレッサー・学習机・本棚
中身はすべて出して梱包します。

お客様にてお運びいただくもの

現金・貴金属・鍵・通帳等の貴重品、冷凍食品・卵等の冷蔵庫のなまもの。
(ペット・電化製品のリモコンは可能な限り御客様にて御運びください。)

お見積もり・お申込みはこちらから

問合せ電話番号 お見積もりはこちら お申込みはこちら

5%のキャッシュバックがあるのは、引越しナビAZだけ!

キャッシュバックまでの流れ

キャッシュバック申請はこちら

→キャッシュバックについての詳しい情報はこちら

→キャッシュバックについてのお問合わせはこちら

引越しナビAZ Copyright © アリッツ株式会社 All rights reserved.